2014年3月8日

3月8日千葉県の富浦にクラブのメンバーと釣行してきました。
鳴釜渡船に乗船し、モッソーに渡礁しました。
当日は、この時期特有の低水温&食い渋りを考慮し、T-BULLET(S-G5)を使用し、
なるほどウキ止めを付け、段シズを打ち、ウキで細かなアタリを拾う仕掛けで挑みました。
当日の釣果ですが、実釣開始直後、朝のチャンスタイムに42センチの口太をゲットできました。
この日は、ウキが消し込む様なアタリはなく、渋いアタリが多かったです。
今回使用したNewモデルのT-BULLETは2段構造のパイプで糸落ちも良く、更にウキ下部に
φ0.8のリングを採用している為、ウキ下部のリングでウキ止めが止まる為、水中での姿勢も安定し、
食い渋りの時期の釣りには力を発揮してくれると思います。
皆さん是非お試しください!!(^O^)/

※本日の仕掛け
竿:プロテック1.5-50
リール:BB-XテクニウムMg C3000DXG
道糸:1.7号
ハリス:1.5号
針:オーナー針 遠投ハヤテ4号、5号
ウキ:Sal-u-Bre’  T-BULLET(S-G5)

2014385 20143842014386